top of page

ESDM技法についての感想


最近、私はESDMの研修を受けってます。研修提供のカリフォルニア大学サンディエゴ校の先生達と同じ研修の参加者たち、各国の治療の専門家とさまざま療育内容について話し合って、非常に刺激を受けました。


ESDM、すなわちEarly Start Denver Modelは、主に1歳から5歳までの幼児向けに設計された介入アプローチです。これは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の症状を持つ、またはそのリスクがある幼児を対象としています。このプログラムは早期介入と発達支援に焦点を当て、幼児期のこの重要な発達段階での社会的、コミュニケーション、認知の発達を促進することを目的としています。


ESDMは、ASDを持つ幼児の中で、社会的な関与、コミュニケーションスキル、遊びの能力を構築することに重点を置いています。目標は、幼児の発達のポテンシャルを最大限に引き出し、彼らの生活の質を向上させるために、できるだけ早期に介入することです。ただし、具体的な年齢範囲は個々の状況によって異なる場合があり、ESDMの原則は時にはわずかに年齢が上がったり、発達ニーズが異なる子供たちに合わせて調整されることがあります。より個別化された評価と指導のために、資格を持つセラピストや医療専門家と相談することが重要です。


コア领域:受容言語、表現言語、細かい/粗い運動、社会的相互作用、認知、遊びのスキル、模倣、学習前の学習、適応行動、共同注意。


場面:ゲームの中/自然環境


PRTと一部共通点があります。ESDM自体は、能力をデスクトップトレーニング(DTT)からではなく、遊びから培うことを出発点としています。これにより、私たちの現場スタッフには、自然な環境で楽しみながら、核心的なコミュニケーション能力を獲得し、これらのデータ収集を通じて客観的に証明する方法を見つけるという高い要求がかかります。


Recently, I have been attending enrolled into ESDM training provided by the University of California, San Diego, and therapy experts from different countries.


ESDM, which stands for the Early Start Denver Model, is primarily designed for young children, typically between the ages of 1 to 5 years old. It targets infants and toddlers who exhibit symptoms of or are at risk for Autism Spectrum Disorder (ASD). This program focuses on early intervention and developmental support, aiming to promote social, communication, and cognitive development during this crucial developmental stage.


ESDM places a strong emphasis on building social engagement, communication skills, and play abilities in young children with ASD. The goal is to intervene as early as possible to maximize the child's developmental potential and improve their overall quality of life. However, the specific age range may vary depending on individual circumstances, and ESDM principles can sometimes be adapted for slightly older children or those with varying developmental needs. Consulting with qualified therapists or healthcare professionals for more personalized assessment and guidance is crucial.


Core domains for ESDM : Receptive language, expressive language, fine/gross motor skills, social interaction, cognition, play skills, imitation, pre-academics, adaptive behavior, joint attention.

Setting: In the context of games/natural environment.


ESDM shares some similarities with PRT (Pivotal Response Treatment). ESDM itself starts from play rather than from Discrete Trial Training (DTT), emphasizing that our field staff should find ways to acquire core communication skills naturally while having fun in a natural environment and objectively demonstrate them through data collection.


閲覧数:16回0件のコメント
bottom of page